うつ病かもしれないと思ったら|診断チェックを活用

現代社会のうつ病に備える

まずは試してみよう

女性

自分には関係ないと無意識に思い込んでいる病気の中に、うつ病があります。うつ病と診断される人は増加傾向にあるにも関わらず、まさか自分が病気になるとは思わないのです。うつ病は以前に比べるとその認知度も高く、病気の実情も理解が広がっています。しかし、健康な人にとってはどこか他人事のように感じるといいます。しかし、その認識は改める必要があるでしょう。うつ病は誰にでも発症する可能性が指摘されている病気なのです。

しかも、自分に限ってうつ病にはならないと信じていた人が、うつ病になってしまうケースは少なくありません。潜在的なうつ病患者はかなりの数がいるといわれています。まずは思い込みは捨てて、自分は大丈夫かどうかを診断していく姿勢が大切になるでしょう。うつ病の診断は、基本的には精神科や心療内科での診察をしなければ明らかにはなりません。しかし、自分がうつ病ではないと思う人は、そうしたクリニックに行くことすら抵抗に感じるはずです。そのため、不調を感じていても内科や脳神経外科などを受診してしまうといいます。専門医が違えば、正しく診断されないこともあるので、適切な病名もわからず、治療もできずに右往左往してしまうでしょう。そのうちうつ病が進行していけば、症状が悪化してしまうはずです。そうした事態は未然に防ぐようにしたいものです。

最近では、簡易的にうつ病診断ができるアプリやサイトもあり、そうしたものを活用することが自分の状態を見ることができます。自分のことなので、なかなか客観的に直視することができないですが、診断チェックをすることで改めて自分の症状に気がつくことができるはずです。診断チェックは簡単な設問に答えていくだけで、うつ病の疑いなどがわかるので、参考にすることができるでしょう。仲間や家族と一度チェックしてみることをおすすめします。疑いが強ければ、クリニックにもかかりやすく、適切な治療をすぐに始めることができるといえます。

症状の改善を考える

眠れないことが続いたり、悲観的な感情から逃れられない場合は、うつ病の可能性が考えられます。症状改善に有効な薬を服用しながら治療を進めていきましょう。同じくうつ病と診断された患者らと情報交換することも大きな力になります。

一緒にテストしよう

身近に調子が悪い状態が長く続いている人がいれば、声をかけていきましょう。うつ病と診断されている可能性があります。患者の治療のために周囲も効果的なサポートをしていくことが必要になります。

仕事はどうするのか

仕事をしている人は、うつ病と診断された場合はいろいろと選択肢に悩むでしょう。休職、退職、そしてそのまま働き続けるという方法がありますが、周囲の人に相談しながら、最善策をとっていきましょう。

環境を変えることが重要

誰にでも仕事の悩みはありますが、深刻化するとうつ病と診断されてしまうケースがあります。その場合は病気発症の原因となる仕事中心の生活から脱して、休養することが大切になります。

食生活を見直すことが大切

食事メニューに気を配ることで、うつ病対策に効果が見られるといいます。診断で症状が認められたら鉄分やビタミン不足を補うために、栄養バランスの良い食生活にしていきましょう。サプリメントなどを上手に取り入れて負担を少なくするのもポイントです。