うつ病かもしれないと思ったら|診断チェックを活用

ドクター

仕事はどうするのか

レディ

もしうつ病と診断されたら、心配になることがあります。それは仕事の問題です。仕事の内容や職場環境が原因でうつ病を発症することも考えられるので、仕事にストレスや不満を抱えている場合は退職するなど適切な選択をとることが肝心です。しかし、生活のためにも働く必要がある場合も多いです。お金の問題なら、行政機関に相談したり、両親や親戚、信用できる友人などの力を借りることも有効です。無理をして働き続けることで、より症状は悪化してしまうので、できるだけ仕事は休むことが望ましいです。また、職場環境によってはうつ病と診断されても、仕事の負担を減らして働き続けることが可能な場合があるでしょう。そして、医師の診断結果次第では無理しない程度であれば、働くことを許されるケースもあります。同じ職場で働くことを希望する場合は上司や同僚などには必ず自分はうつ病と診断されていることを告げるようにします。場合によっては、診断書などもあわせて提出します。そうすることで理解してもらいやすいですし、適切な仕事を分担してもらえるはずです。配置替えや時短勤務など、さまざまな働き方があるといえます。また、本人の調子の善し悪しによっては、どうしても会社を休まなくてはいけない日も出てます。うつ病であることを知ってもらえれば、そうしたときでも休みやすくなります。ほかにも、休職という選択肢もあります。退職をしなくてもいいので、復帰を目指して治療を行っていくことができます。そうした選択は自分一人ではなかなか決められないことも多いでしょう。状況によっては、プライバシーの話はしたくない、またはしにくいという職場もあるといえます。しかし、相談して周囲の理解を得ることができなければ話は進んでいきません。医師やカウンセラー、職場の上司と一緒に相談しながら最適な方法を模索していくようしましょう。